ページの先頭です

台風や集中豪雨から命を守りましょう!

[2021年8月13日]

 毎年、6月初旬から10月末までの時期は、梅雨前線の停滞や台風の接近等による大雨の影響で、河川の氾濫に伴う建物や道路の冠浸水、さらには、がけ崩れや土石流などの土砂災害などが発生する危険性が高まります。
 近年では、「令和2年7月豪雨」や「令和元年台風第19号」、「平成30年7月豪雨」により多くの尊い命や家屋などの貴重な財産が奪われ、本年では、7月3日に静岡県熱海市で大規模な土砂災害が発生したところです。
 みなさんも、これらの災害から大切な命を守り、少しでも被害を軽減できるよう、自宅でできる準備や対策を今一度確認し、いざというときに備えておきましょう。

できていますか?自宅の安全対策!

 自宅において事前にできる安全対策は次のようなものがあります。大雨や台風が来る前から十分な準備をしておきましょう!

・ 雨どいや側溝は、溜まった枯葉や泥などを取り除き、水はけを良くしておきましょう。
・ 建物への浸水を防ぐため、土のうを準備しておきましょう。
・ 雨戸がない窓は、カーテンを閉めたり飛散防止フィルムを貼っておきましょう。
・ 家の周りには飛びやすいものを置かないようにしましょう。

準備しましょう!非常持ち出し品!

 避難が必要になったときに備え、あらかじめ次のようなものを準備し、いつでも持ち出せるようにしておきましょう。

・ 懐中電灯、携帯用ラジオやカセットコンロなどの日用品
・ 救急医薬品、常備薬や三角巾などの医薬品
・ マスク、ティッシュ、紙おむつや生理用品などの衛生用品
・ シャツ、下着、タオルや雨具などの衣料品
・ 飲料水、乾パン、レトルト食品、缶詰や粉ミルクなどの食料品
・ 現金、銀行通帳、印鑑や健康保険証などの貴重品
・ マスク、消毒液、体温計などの感染症対策用品

確認しましょう!危険な場所や避難場所!

いざというとき、スムーズに避難できるよう、あらかじめ次のポイントを確認しておきましょう!

・ 地域の防災マップ(ハザードマップ)に示す洪水や土砂災害などのリスク情報
・ 「指定緊急避難場所」や「指定避難所」の場所や避難経路
・ 避難経路上にある危険な箇所や迂回路
・ 避難が必要となった場合の家族との連絡方法

警戒レベルや防災気象情報が発表されたら…

 気象状況などにより災害が発生する可能性が高まったときは、自治体や気象庁から防災情報が発表されます(本年5月20日から新たな避難情報等の運用が開始)。

   みなさんもこれらの情報が発表された場合は、「自分は大丈夫」と過信することなく、早い段階から適切な避難行動をとりましょう。

 なお、大雨時の避難では、上下が分かれている動きやすい長袖・長ズボンに加え、軍手やヘルメットを着用し、長靴ではなく運動靴やトレッキングシューズを履くようにしましょう。また、非常持ち出し品はリュックサックにまとめて携行し、避難時は常に両手が使えるようにしておきましょう。

 避難行動のポイントなど、さらに詳しいことは内閣府ホームページをご覧ください。

 
 

新たな避難情報に関するポスター・チラシ(内閣府(防災担当)・消防庁)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

新たな避難情報に関するポスター・チラシ(多言語対応版)(内閣府(防災担当)・消防庁)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

消防部局消防本部 消防総務課

電話: 0748-63-7930

ファックス: 0748-63-7950

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

〒528-0005滋賀県甲賀市水口町水口6218番地